【妊娠3か月】つらいつわりを乗り越えた食べやすかった食べ物

LIFE

妊娠がわかって嬉しい気持ちで気分があがるのも束の間。

つらいつわりがやってきました。

しんどいとは聞いてたけど、こんなにしんどいとは。

わたしは吐くまではいかなかったのですが、食べづわりとにおいづわりやったかな。

この時に食べやすかった食べ物と、におい対策について記録を残しておこうと思います。

スポンサーリンク

食べづわり

とりあえず、お腹がすいても気持ち悪い、食べ過ぎても気持ち悪い。

食べたものによっては気持ち悪い。

…どうしたらいいんやー!!!って気分でした。ほんまに。

真冬にもかかわらず、そうめんアイス(ソーダ味やフルーツ味)が一番しっくり。

体を冷やしてはいけないので、毛布に包まりながらアイスを何個も食べました。(一応小さいサイズのやつ)

わたし的にはシャトレーゼの「小さなクリームソーダ」ってアイスが一番食べやすかったです。

あとDoleのフルーツ味のアイス。

クリーム系より氷菓系のほうが食べやすいです。すっきりします。

そうめんも同じ理由でめんつゆですっきり食べれました。

たまにあったかいうどんも。体が冷えるのでね。

あとだんなさんのお母さんにいただいたいちごはすっきりして水分もあって食べやすかった。

ほんでめちゃくちゃ美味しかった☺

においづわり

これも正直きつかった。

まず家のにおいが無理になる。ほんでこの時期に新しいこたつを買ったのも計算違い。

ニトリのこたつは新品の時あったかくするとゴム?なに?っていうにおいがしました。

調べてみると接着剤かなにかが暖められると匂うとのこと。

1~2か月で消えるとはいえ、それが結構きつくて。つけるのやめました。こたつ布団にもにおいが移るしわたしには地獄。

ちなみにだんなは気にならないみたいなので人によるのかも。

後は料理のにおいですね。料理してるだけで気持ち悪くなる。

特にトマト系のにおいが無理でした。冷やしトマトは大丈夫やけど調理して暖められるともう全然だめ。

後は油のにおいもきつかったです。

炒めたお肉から出る油でさえ無理でした。学生時代は進んで食べてたお肉でさえ無理か。。。という気分です。

そこで買ったのが、無香空間ファブリーズ

無香空間はその名の通り、ニオイでごまかすということはせず、ビーズがニオイを吸い取ってくれるもの。

特大サイズをリビングの真ん中に置きました。この際邪魔とかおしゃれじゃないとか関係ない。

あとファブリーズはもちろん無臭のやつですが、そこら中にかけまくり。

寝る前にしっかり吹きかけておくと朝だいぶマシです。

そして、たまたま偶然、去年買った空気清浄機がニオイも取ってくれる優れものだったのです!!

もうほんとにこれには助けられました。気休めかもしれんけど。

なんかマシになった気がするんです、これをつけると。

しかもランプ表示があり、ニオイのところが緑ならほぼニオイなし、赤ならニオイ最大!

カレーなんか作った日には真っ赤です。わかりやすい。

自分なりに対策してみよう

人によって症状も、対策方法も違うのがつわりのつらいところ。

わたしもかなり調べまくりましたが、案外参考になることが多かったです。

また、自分なりに、これならマシかも、これならできそう、というものも見つかったので、つわりでつらいとは思いますが、一緒に乗り越えましょう!

かわいいあかちゃん♡のために☺

ではまた☺

コメント