【朝シャン】朝も夜もシャンプーしてる?メリットデメリットまとめてみた!

LIFE

最近髪型が決まらず、夜お風呂派なんですけど、朝もシャワーしようかなぁと考えてます。

お風呂あがり乾かした時が一番髪の毛きれいにまとまるのに、朝起きるとどうもうまくまとまらない。

寝る前は絶対お風呂に入りたいので、朝シャンするとしても夜もシャンプーすることになるんですよね。

どっちにしろきれいになるならいいかなとか思うのですが、洗いすぎもよくないと聞くので、朝シャンのメリットデメリットをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

メリット

① 髪の毛がきれいにセットできる

朝シャンをする理由の最大のポイントですよね。やっぱりいったん髪の毛をしっかり濡らすことで寝癖もリセットできます。

ドライヤーで乾かすことにもなるので、ブローもしやすいですね。

乾いた髪にスプレーするよりかは、しっかり濡れている状態からのほうがセットしやすいのではないでしょうか。

パーマの方も濡らしたほうがパーマが出るので、乾かしながらパーマを出していくにもしっかりシャンプーして髪が濡れた状態を作るほうがセットしやすいです。

 

② シャワーを浴びることで目が覚める

朝、シャワーを浴びると目が覚めてシャキッとする方も多いと思います。

朝に体のスイッチを入れるにはぴったりの方法ですね。

寝ている間は副交感神経が働いていて、起きてしばらくは副交感神経が優位なんです。

シャワーを浴びると体が刺激され、交感神経のスイッチが入るので、目が覚めて活動しやすくなります。

 

③ 体臭予防にもなる

寝ている間は、冬でもコップ1杯分くらい汗をかいています。

それをそのままにしておくとどうしても体臭の原因のひとつとなるわけですが、シャワーで流してしまえば、その心配もなくなるわけですね。

頭の匂いって自分だとあんまり気づかないし、人から指摘されることもないですよね。

まくらの匂いとかで気づくんですかね。朝起きた時に、あれ?まくら、においする・・・?と感じたら朝シャンするのもいいかも。

 

デメリット

① すすぎ残しをしやすい

朝はあまり時間のない中シャンプーするため、どうしてもすすぎ残しがあることが多かったり、洗い残しがあったりする可能性が増えてしまいます。ってことは頭皮にとっては良くないですね。

朝からたっぷり時間がある、という時は問題ないですが、そうでもなければ少し気を付けたほうがよさそう。

あと寝ぼけてたらうまく洗えてなかったりするんですかね(笑)

 

② 生乾きになりやすい

先ほどと同じ理由で、時間があまりないため、しっかりと髪の毛を乾かすことができず、生乾きで放置してしまうということもあります。

生乾きのまま放置してしまうとどうしても雑菌などが発生しやすくなりますよね。

それによって匂いも気になることがあります。

洗濯物とおんなじ現象なんですね~。

特に根本はしっかりと乾かすようにしなければいけません。

特に髪の長い女性は乾かすのに時間がかかるので、要注意です。

 

③ 紫外線の影響を受けやすい

頭皮や髪の毛には庇護膜(ひごまく)という薄い皮脂の膜で覆われています。これによって紫外線から守られているんですね。

シャンプーをするとこれは洗い流されてしまいます。また庇護膜(ひごまく)がもとに戻るまで6時間くらいかかるらしいのです。夜にシャンプーしてそのままだと、しっかりと守られているのですが、朝もシャンプーしてしまうと膜がなくなり、ダイレクトに紫外線を受けてしまうことになります。

そうすると、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

これは正直知りませんでした。膜はってるんですね、頭にも(笑)

人間の体ってうまいことできてるんやなぁ。感心感心。

さいごに

わたしがしたかった、夜シャンプーして朝もシャンプーするというのは、洗いすぎになるので結果よくないんですよね。

洗いすぎになるんだったら、朝はシャワーの水でさっと流して、洗い流さないトリートメントで仕上げて乾かすのがわたしには合ってそうです。

人によっては、やっぱり朝にシャンプーしたい!って方もいると思うので、あなたに合ったシャンプー方法を見つけてみてくださいね!

 

ではまた♪

 

コメント